ひとりごと

全ての道は土浦につながっているのかもしれない

『初春の茨城。牛久の歴史と霞ヶ浦を感じるドライブ』にて(めちゃくちゃローカルネタです!)

 

千葉県から国道6号水戸街道を北上。

北上している間、進行方向を示す指示標識(青い看板)に表示されているのは『土浦00㎞』

国道6号の千葉県の先には土浦があるのでなんら違和感があることではない。

 

 

土浦を通過し、いばらきフラワーパークがある石岡市にて国道354号へ

 

霞ヶ浦の北側を通るこの道路、雄大な霞ヶ浦を右手に進むドライブは開放感がいっぱい!

霞ヶ浦のすぐ横を通っている国道ゆえ、右折できる交差点はほとんどないのだが、稀にある右折ができる交差点に出てくる指示標識。

右の方向は『土浦』

 

霞ヶ浦大橋を渡れば土浦に行けるので、「そりゃそうだよね」というお話である。

 

 

その後、潮来市にて国道51号に入る。

 

稲敷市にて、「ワンツーファイブ」と呼ばれる、霞ヶ浦の南側を通る国道125号との分岐がある交差点があるのだが、この道はそもそも土浦を経て埼玉県に向かう国道である。

 

ゆえに、ここでも右折に表示されるのは『土浦』

 

 

 

さらに南下し、成田市寺台インターにて、国道295号、通称空港通りに入る。

 

 

入ってすぐに表示されるのは『土浦00㎞』!!!

 

 

 

全ての道路は土浦につながっているに違いない!笑笑

 

ABOUT ME
越湖 麻依子
会社員、ウェブサイト運営、個人事業主向けに事務局としてPC周りおよび事務全般サポート等をしているパラレルワーカー。 夫との共通の趣味である旅行やおでかけは、2015年に子供が生まれた後も変わらず続けているが、最近はお得に高級ホテルに泊まれるサービスの開拓をしたり、マイル貯金をして楽しんでいる。 子供の成長とともに、これまで手を抜いてきた美と健康にも力を入れているところです。



Booking.com