子供と一緒に

【千葉県神崎町でいちご狩り】食べ比べができるストロベリーヴィレッジこうざき

Maiko
Maiko
こんにちは、越湖麻依子(@railstar_rururu)です。

2018年1月に、道の駅「発行の里こうざき」正面にオープンした「ストロベリーヴィレッジこうざき」の魅力をご紹介しちゃいます。

 

5種類のいちごを食べ比べ

いちご狩りの魅力の一つといえば、いろんな種類のいちごを食べ比べられること。

同じように見えるいちごでもとっても甘いものや、さわやかな酸味がきいたものなどいちごの種類の分だけいろんな味を楽しむことができますよね。

ここ「ストロベリーヴィレッジこうざき」では、

  • かおりの
  • 紅ほっぺ
  • あきひめ
  • やよいひめ
  • チーバベリー

の5種類の食べ比べができます。

上部にある品種紹介。ストロベリーヴィレッジこうざきのキャラクター「いちごちゃん」が紹介をしてくれています。

Maiko
Maiko
品名だけでなく
あまさ
すっぱさ
かたさ
も星の数でわかるようになってるよ。

わたしは甘さの強い「べにほっぺ」がお気に入りです。

 

品種の一つ、「チーバベリー」は2017年1月から本格販売が始まったばかりの新しい品種。

「発酵の里こうざき」で販売されているチーバベリーには、チーバくんがデザインされた専用ロゴマークがついています。専用ロゴマークを目印に探してみてね。

 

『大粒で果汁がたっぷり、甘みに加えて程よい酸味がある』

とは、開発した千葉県のコメント。そのコメント通り、大粒のチーバベリーは食べ応えも十分で、これだけ食べていたらすぐおなかがいっぱいになっちゃうほどですよ。

いちごの甘さの秘密は寒暖差

ストロベリーヴィレッジこうざきの牛嶋さんによると、いちごの甘さの秘訣はズバリ寒暖差。

激しい寒暖差のある時期のいちごは甘さが半端ないそうです。寒暖差が甘さを作るから、いちご狩りは冬がおすすめなんですね。

 

取り扱い農園も少ないチーバベリーがあるのもうれしいのですが、さらに種類が増えるとか?より多くの種類を食べ比べできそうです。

生育状況により食べられる品種に限りがある場合があります

 

子供も取りやすく、ベビーカーでも楽しめる

ストロベリーヴィレッジこうざきは「高設栽培」のいちご狩り園。高設栽培とはその名の通り高いところで設置された栽培方法のことで、すべてのハウスで立ったままでいちご狩りを楽しむことができます。

高いといっても子供でも手の届く高さ。

坊ちゃん(3歳)は身長約90㎝

 

3歳児くらいであれば、一人でいちごをとって食べることができる高さなので、我が家の坊ちゃんも思う存分いちご狩りを楽しんでいました。

 

採ったいちごは、この「ヘタ取りツール」で簡単に取れちゃいます。

 

坊ちゃん2歳のころ。両手で器用に使いこなしてました

 

 

通路幅も広めにとってあるので、ベビーカーの方はもちろん車いすの方も移動しやすく楽しむことができます。

出典:http://strawberryvillagekozaki.com/ichigogari/

 

3歳未満のお子さんにはお土産付き

いちご狩りをされた3歳未満のお子様には”お土産パック”がプレゼントでもらえちゃうんです。

「小さいお子さんは、その場であまり食べられないだろうからおうちでも楽しんでね」という、牛嶋夫妻の優しさがうれしすぎです。

実際に、こんなにいっぱいお土産にもらいました!

 

予約しても予約なしでも楽しめます

ストロベリーヴィレッジこうざきでは、2019年シーズンより、じゃらんでのネット予約が可能になりました。

もともと一日の受付人数に定員を設けていたストロベリーヴィレッジこうざき。そのため、シーズン真っ最中の時は、あっという間に定員オーバーという日も多かったそうですが、ネットでの事前予約ができるようになったことで、来園日を早めに決めることができるので、予定も組みやすいですよね。

ネットでの事前予約はこちら

 

さらにうれしいのが、予約しなくても来園できること。

子供が小さかったりすると、なかなか予定通りにいかなかったりしますが、「今日、いちご狩り行こうか?」と、その日に決めて行けるもの魅力の一つです。

 

当日受付の情報はインスタから

ストロベリーヴィレッジこうざきのインスタグラムでは、園内の様子だけでなく、当日予約のお客様に向けたいちご狩り情報も発信されています。

おおむね1週間ごとに予定が出るので、週末の予定も組みやすいですよ。インスタグラムもフォローしちゃいましょう

 

 

 

Maiko
Maiko
ストロベリーヴィレッジこうざきと隣接している『発酵の里こうざき』へは、東京駅からの高速バスもあるし、圏央道神崎ICからすぐなので、他方面からのアクセス抜群ですよ。
ぜひ足を運んでみてね。

 

料金・アクセス

当日受付の場合「 発酵の里こうざき」新鮮棟レジにて入園料を支払いのうえ、ハウスへ

080-1334-1515

時間:9:30~いちごがなくなるまで

料金:大人1,800円ほか

時期により料金が異なります

 

\ Follow Me /

 

ABOUT ME
越湖 麻依子
越湖 麻依子
会社員、ウェブサイト運営、個人事業主向けに事務局としてPC周りおよび事務全般サポート等をしているパラレルワーカー。 夫との共通の趣味である旅行やおでかけは、2015年に子供が生まれた後も変わらず続けているが、最近はお得に高級ホテルに泊まれるサービスの開拓をしたり、マイル貯金をして楽しんでいる。 子供の成長とともに、これまで手を抜いてきた美と健康にも力を入れているところです。



Booking.com